【UpcycleLino】ギンガムエプロンドレス

01241-1024-u

この商品について問い合わせる

  • 商品説明・着こなし

  • サイズ・素材・お手入れ

サイズ 着丈 総丈 バスト 裾周
FREE 99cm 123.5cm 102cm 269cm
サイズ 着丈 総丈 バスト 裾周
FREE 99cm 123.5cm 102cm 269cm
商品説明 UpcycleLinoオリジナル素材として開発されたギンガムチェックを使用したエプロンドレスです。

ローウエスト切替から成すギャザーフレアのラインとフルレングスの丈感は可愛らしくなりすぎず、甘さを抑えている為、 どんなアイテムとも合わせやすいのがポイント。
衿つきブラウスやレースアイテムとの合わせで甘さをプラスしたり、Tシャツでさらりと着たり、中に着るインナーにより印象を変えて楽しんで頂けます。
同素材のジャケットとのセットアップコーディネートもお勧めです。

肩紐はボタンの付け位置を変えることで4段階での変更が可能です。

経糸にリネン、緯糸に反毛生地を使用したギンガムチェックです。
シルケット加工と共にソフターをかけ、軽く膨らみのある素材に仕上げました。
リネンのようなシャリみがあり、清涼感ある風合いと綿のソフトさを併せ持つUpcycleLinoオリジナルの新素材です。


※重量:約402g
※color,size 多少異なります。
※着用サイズ:size F
※モデルの身長:164cm / 160cm

※採寸箇所の詳細につきましては 「サイズガイド」をご覧ください。
生産国 日本
素材 リネン61%、コットン39%
生地について 経糸にリネン60/1、緯糸に反毛27/1を使用したギンガムチェックです。

経糸のリネン原料はフランス産のFLAXを使用。
製織、加工は日本の工場で行っております。

シルケット加工と共にソフターをかけ、軽く膨らみのある素材に仕上げました。
リネンのようなシャリみがあり清涼感ある風合いと、綿のソフトさを併せ持つ UpcycleLino オリジナルの新素材です。

*** UpcycleLino ***
サステナブルな SLOW FASHION を目指す私たちが国内テキスタイルメーカーと共同開発した新素材。
裁断くずの端切れを反毛という技術(生地を粉砕して細かな繊維に戻し、綿から糸を作り出す再利用法)を利用し、リネンの短い繊維にヴァージンコットンをミックス。
それを紡いで新たなリネンコットン糸を作り出しました。

このプロダクトは、お洋服の生地を裁断したあとの裁断くずを原料としてつくられています。
私たちは裁断くずを廃棄せず、活用することで貴重な天然資源を大切にしながら、循環させていく取り組みを行っております。
このプロダクトを通じて、たくさんの方にこのアップサイクルな取り組みに関心をもっていただけると幸いです。

※この生地はリサイクル糸を使用しており、また全ての原料が天然素材の為、糸節や糸ムラがあります。素材の特性ですのでご理解下さい。
また、異原糸が混入している場合があります。(白生地では特に目立ちやすい黒い糸など)
生地は、糸と糸を織り生成されていきますが、この異原糸は綿(わた)から糸を生成することにより、綿(わた)を粉砕するため異色糸が混ざります。
素材の特性ですので、リサイクル糸の独特の風合いをお楽しみください。
着こなし
ポイント
※この生地はリサイクル糸を使用しており、また全ての原料が天然素材の為、糸節や糸ムラがあります。素材の特性ですのでご理解下さい。
また、異原糸が混入している場合があります。(白生地では特に目立ちやすい黒い糸など)
生地は、糸と糸を織り生成されていきますが、この異原糸は綿(わた)から糸を生成することにより、綿(わた)を粉砕するため異色糸が混ざります。
素材の特性ですので、リサイクル糸の独特の風合いをお楽しみください。


<<スタッフレビュー>>

■スタッフT (154㎝)
私の着用感は1番短めの設定でくるぶしが隠れるマキシ丈でした。
肩紐が華奢な印象で可愛らしくなり過ぎず着用ができました。

■スタッフA (161㎝)
私の着用感は肩紐の3番目のボタン位置で留めるとくるぶしが隠れるマキシ丈でした。
さらに2段階短く調整することも可能です。
アームホールが広めでインナーに少しボリュームのあるブラウスなどを合わせても楽に着用ができました。



<<この商品におすすめのアイテム>>

【UpcycleLino】ギンガムシャツジャケット (Click Me!!)
リネンラミーフリルカラーブラウス(Click Me!!) 【KIGIさん別注】UpcycleLino KUSHA ボレロ(Click Me!!)
生産工程 製品洗い
洗濯・お手入れ
について

※液温は30℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯ができる。
※日陰のつり干しがよい。

※洗濯表示の詳細につきましては こちら (Click Me!!)をご覧ください。

出典:消費者庁ウェブサイト(http://www.caa.go.jp/)

商品説明 UpcycleLinoオリジナル素材として開発されたギンガムチェックを使用したエプロンドレスです。

ローウエスト切替から成すギャザーフレアのラインとフルレングスの丈感は可愛らしくなりすぎず、甘さを抑えている為、 どんなアイテムとも合わせやすいのがポイント。
衿つきブラウスやレースアイテムとの合わせで甘さをプラスしたり、Tシャツでさらりと着たり、中に着るインナーにより印象を変えて楽しんで頂けます。
同素材のジャケットとのセットアップコーディネートもお勧めです。

肩紐はボタンの付け位置を変えることで4段階での変更が可能です。

経糸にリネン、緯糸に反毛生地を使用したギンガムチェックです。
シルケット加工と共にソフターをかけ、軽く膨らみのある素材に仕上げました。
リネンのようなシャリみがあり、清涼感ある風合いと綿のソフトさを併せ持つUpcycleLinoオリジナルの新素材です。


※重量:約402g
※color,size 多少異なります。
※着用サイズ:size F
※モデルの身長:164cm / 160cm

※採寸箇所の詳細につきましては 「サイズガイド」をご覧ください。
着こなし
ポイント
※この生地はリサイクル糸を使用しており、また全ての原料が天然素材の為、糸節や糸ムラがあります。素材の特性ですのでご理解下さい。
また、異原糸が混入している場合があります。(白生地では特に目立ちやすい黒い糸など)
生地は、糸と糸を織り生成されていきますが、この異原糸は綿(わた)から糸を生成することにより、綿(わた)を粉砕するため異色糸が混ざります。
素材の特性ですので、リサイクル糸の独特の風合いをお楽しみください。


<<スタッフレビュー>>

■スタッフT (154㎝)
私の着用感は1番短めの設定でくるぶしが隠れるマキシ丈でした。
肩紐が華奢な印象で可愛らしくなり過ぎず着用ができました。

■スタッフA (161㎝)
私の着用感は肩紐の3番目のボタン位置で留めるとくるぶしが隠れるマキシ丈でした。
さらに2段階短く調整することも可能です。
アームホールが広めでインナーに少しボリュームのあるブラウスなどを合わせても楽に着用ができました。



<<この商品におすすめのアイテム>>

【UpcycleLino】ギンガムシャツジャケット (Click Me!!)
リネンラミーフリルカラーブラウス(Click Me!!) 【KIGIさん別注】UpcycleLino KUSHA ボレロ(Click Me!!)
生産国 日本
素材 リネン61%、コットン39%
生地に
ついて
経糸にリネン60/1、緯糸に反毛27/1を使用したギンガムチェックです。

経糸のリネン原料はフランス産のFLAXを使用。
製織、加工は日本の工場で行っております。

シルケット加工と共にソフターをかけ、軽く膨らみのある素材に仕上げました。
リネンのようなシャリみがあり清涼感ある風合いと、綿のソフトさを併せ持つ UpcycleLino オリジナルの新素材です。

*** UpcycleLino ***
サステナブルな SLOW FASHION を目指す私たちが国内テキスタイルメーカーと共同開発した新素材。
裁断くずの端切れを反毛という技術(生地を粉砕して細かな繊維に戻し、綿から糸を作り出す再利用法)を利用し、リネンの短い繊維にヴァージンコットンをミックス。
それを紡いで新たなリネンコットン糸を作り出しました。

このプロダクトは、お洋服の生地を裁断したあとの裁断くずを原料としてつくられています。
私たちは裁断くずを廃棄せず、活用することで貴重な天然資源を大切にしながら、循環させていく取り組みを行っております。
このプロダクトを通じて、たくさんの方にこのアップサイクルな取り組みに関心をもっていただけると幸いです。

※この生地はリサイクル糸を使用しており、また全ての原料が天然素材の為、糸節や糸ムラがあります。素材の特性ですのでご理解下さい。
また、異原糸が混入している場合があります。(白生地では特に目立ちやすい黒い糸など)
生地は、糸と糸を織り生成されていきますが、この異原糸は綿(わた)から糸を生成することにより、綿(わた)を粉砕するため異色糸が混ざります。
素材の特性ですので、リサイクル糸の独特の風合いをお楽しみください。
生産工程 製品洗い
洗濯・
お手入れ
について

※液温は30℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯ができる。
※日陰のつり干しがよい。

※洗濯表示の詳細につきましては こちら (Click Me!!)をご覧ください。

出典:消費者庁ウェブサイト(http://www.caa.go.jp/)