メニュー

Welcome! ゲストさま

    • 21 ベージュ

    • 19 クロ

  • nest Robe

    ペルーハンドニットプルオーバー

    ¥28,600税込

    780ポイント還元ポイントについて

    お気に入り登録数:67人

    この商品について問い合わせる

    • カラー

    • サイズ

    • 在庫

    • 購入

    • お気に入り

    21 ベージュ

    • FREE

    • ×

    • 再入荷お知らせ

    19 クロ

    • FREE

    • ×

    • 再入荷お知らせ

ペルーハンドニットプルオーバー

01204-1027

この商品について問い合わせる

  • 商品説明・着こなし

  • サイズ・素材・お手入れ

サイズ 着丈 肩幅 バスト 裾周 アームホール 袖丈 袖口
FREE 60cm 62cm 124cm 111cm 19cm 36cm 18cm
サイズ 着丈 肩幅 バスト 裾周
FREE 60cm 62cm 124cm 111cm
サイズ アームホール 袖丈 袖口
FREE 19cm 36cm 18cm
商品説明 シーズンテーマである『ORLANDO』は英国が舞台。
そのイメージからイギリスの伝統柄であるアーガイルをモチーフに編み模様でアーガイル柄を表現したプルオーバーです。

シンプルなクルーネックのデザインが編み模様をより引き立て、クラシカルな中にもモダンな印象が感じられる1着です。

ワイドシルエットで体型選ばずに着用できるようにラインにこだわりました。 裾の両サイドにはスリットを入れて、リブでの締め付けを緩和するようにアレンジしてあります。

※color,size 多少異なります。
※着用サイズ:size F
※モデルの身長:160cm

※採寸箇所の詳細につきましては 「サイズガイド」をご覧ください。
生産国 ペルー
素材 毛100%
生地について ペルー南部、ボリビアとの国境に跨る、標高3,800mの高地にあるチチカカ湖の畔、ブーノという街とその周辺の集落で編まれているハンドニットです。

これらの集落にはアイマラ族とケチュア族と呼ばれるインディオ達が暮らしていて、彼らが編み子として農業の傍ら、手編みのニットを編んでいます。

ニッティングによる賃金は、彼らの生活を支える大切な副収入となっています。

彼らはプロモトーラと呼ばれるリーダーによって率いられ、週一回の検品時にブーノの街にやって来て検査を受け、納品しています。

毛糸も現地で採れた羊毛を旧式の紡績機で紡績しているので、太さの一定していない味わいのある糸に仕上がっています。

※こちらのハンドニットの特性上、アイテムによって多少色・サイズが異なることがございます。こちらを理由といたしました返品・交換は承りかねます。予めご了承の程、よろしくお願いいたします。
着こなし
ポイント
カタログのように襟にポイントのあるブラウスなどと合わせてスタイリングするのがおススメです。

カーディガン (Click Me!!)
のご用意もございます。

タッカーベスト (Click Me!!)
のご用意もございます。

ミトン (Click Me!!)
のご用意もございます。
生産工程
洗濯・お手入れ
について

※家庭での洗濯禁止。

※洗濯表示の詳細につきましては こちら (Click Me!!)をご覧ください。

出典:消費者庁ウェブサイト(http://www.caa.go.jp/)

商品説明 シーズンテーマである『ORLANDO』は英国が舞台。
そのイメージからイギリスの伝統柄であるアーガイルをモチーフに編み模様でアーガイル柄を表現したプルオーバーです。

シンプルなクルーネックのデザインが編み模様をより引き立て、クラシカルな中にもモダンな印象が感じられる1着です。

ワイドシルエットで体型選ばずに着用できるようにラインにこだわりました。 裾の両サイドにはスリットを入れて、リブでの締め付けを緩和するようにアレンジしてあります。

※color,size 多少異なります。
※着用サイズ:size F
※モデルの身長:160cm

※採寸箇所の詳細につきましては 「サイズガイド」をご覧ください。
着こなし
ポイント
カタログのように襟にポイントのあるブラウスなどと合わせてスタイリングするのがおススメです。

カーディガン (Click Me!!)
のご用意もございます。

タッカーベスト (Click Me!!)
のご用意もございます。

ミトン (Click Me!!)
のご用意もございます。
生産国 ペルー
素材 毛100%
生地に
ついて
ペルー南部、ボリビアとの国境に跨る、標高3,800mの高地にあるチチカカ湖の畔、ブーノという街とその周辺の集落で編まれているハンドニットです。

これらの集落にはアイマラ族とケチュア族と呼ばれるインディオ達が暮らしていて、彼らが編み子として農業の傍ら、手編みのニットを編んでいます。

ニッティングによる賃金は、彼らの生活を支える大切な副収入となっています。

彼らはプロモトーラと呼ばれるリーダーによって率いられ、週一回の検品時にブーノの街にやって来て検査を受け、納品しています。

毛糸も現地で採れた羊毛を旧式の紡績機で紡績しているので、太さの一定していない味わいのある糸に仕上がっています。

※こちらのハンドニットの特性上、アイテムによって多少色・サイズが異なることがございます。こちらを理由といたしました返品・交換は承りかねます。予めご了承の程、よろしくお願いいたします。
生産工程
洗濯・
お手入れ
について

※家庭での洗濯禁止。

※洗濯表示の詳細につきましては こちら (Click Me!!)をご覧ください。

出典:消費者庁ウェブサイト(http://www.caa.go.jp/)

TOP