メニュー

Welcome! ゲストさま

カベ撚り天竺ボーダープルオーバー

01203-1043

この商品について問い合わせる

  • 商品説明・着こなし

  • サイズ・素材・お手入れ

サイズ 着丈 総丈 肩幅 バスト 裾周 裄丈 袖口 衿ぐり
FREE 59cm 62cm 60cm 138cm 169cm 73cm 27cm 52cm
サイズ 着丈 総丈 肩幅 バスト
FREE 59cm 62cm 60cm 138cm
サイズ 裾周 裄丈 袖口 衿ぐり
FREE 169cm 73cm 27cm 52cm
商品説明 壁糸の風合い(生地についてをご参照ください)をお楽しみいただけるようシンプルにデザインされたボートネックプルオーバー。
1910年代から30年代頃の『庭師』が着ていたヴィンテージのような素材を、現代的で女性らしいシルエットに昇華したアイテムです。

ボーダー柄を活かして垂直水平方向の切り替えでドルマン風の続き袖のカッティングに。
両サイドに施されたタックがさりげない着こなしのアクセントです。

※color,size 多少異なります。
※着用サイズ:size F
※モデルの身長:160cm

※採寸箇所の詳細につきましては 「サイズガイド」をご覧ください。
生産国 日本
素材 綿100%
生地について *** カベ撚りについて ***
壁糸や藤糸とも呼ばれ、主に高級な和服地として使用される絹糸の撚り掛け方法。
強い下撚りを掛けた太糸に細い無撚糸を引き揃えて、下撚りとは逆回転の撚りを掛けた糸のこと。

太糸は撚りが戻って伸びて、細い糸は撚りが掛かり縮むのでその張力の差で細糸に太糸が波状に巻きついて螺旋形状の糸が出来上がります。
糸が藤の花の房のようにも見えるので藤糸とも呼ばれています。
この糸を用いると生地の表情に細かいシボが現れて独特の表面感となります。

今回は太番手糸にムラ糸(糸に細い箇所と太い箇所がランダムにある糸)を使用しているので、さらにに凹凸のある表情豊かな素材に仕上がりました。
ヴィンテージ生地のような風合いがとても魅力的です。

染色について、この壁糸を使用して、生糸の持つ自然の色を活かした生成り糸と黒染めした糸を交互に編み換えてボーダーにしています。
着こなし
ポイント
素材を活かしたシンプルな仕立てのアイテムは、さらりとスタイリングに取り入れるだけで、雰囲気のある装いを演出していただけます。

無地 (Click Me!!)
のご用意もございます。

ボーダーパーカー (Click Me!!)
のご用意もございます。
生産工程 製品洗い
洗濯・お手入れ
について

※液温は40℃を限度とし、手洗いができる。
※平干しがよい。

※洗濯表示の詳細につきましては こちら (Click Me!!)をご覧ください。

出典:消費者庁ウェブサイト(http://www.caa.go.jp/)

商品説明 壁糸の風合い(生地についてをご参照ください)をお楽しみいただけるようシンプルにデザインされたボートネックプルオーバー。
1910年代から30年代頃の『庭師』が着ていたヴィンテージのような素材を、現代的で女性らしいシルエットに昇華したアイテムです。

ボーダー柄を活かして垂直水平方向の切り替えでドルマン風の続き袖のカッティングに。
両サイドに施されたタックがさりげない着こなしのアクセントです。

※color,size 多少異なります。
※着用サイズ:size F
※モデルの身長:160cm

※採寸箇所の詳細につきましては 「サイズガイド」をご覧ください。
着こなし
ポイント
素材を活かしたシンプルな仕立てのアイテムは、さらりとスタイリングに取り入れるだけで、雰囲気のある装いを演出していただけます。

無地 (Click Me!!)
のご用意もございます。

ボーダーパーカー (Click Me!!)
のご用意もございます。
生産国 日本
素材 綿100%
生地に
ついて
*** カベ撚りについて ***
壁糸や藤糸とも呼ばれ、主に高級な和服地として使用される絹糸の撚り掛け方法。
強い下撚りを掛けた太糸に細い無撚糸を引き揃えて、下撚りとは逆回転の撚りを掛けた糸のこと。

太糸は撚りが戻って伸びて、細い糸は撚りが掛かり縮むのでその張力の差で細糸に太糸が波状に巻きついて螺旋形状の糸が出来上がります。
糸が藤の花の房のようにも見えるので藤糸とも呼ばれています。
この糸を用いると生地の表情に細かいシボが現れて独特の表面感となります。

今回は太番手糸にムラ糸(糸に細い箇所と太い箇所がランダムにある糸)を使用しているので、さらにに凹凸のある表情豊かな素材に仕上がりました。
ヴィンテージ生地のような風合いがとても魅力的です。

染色について、この壁糸を使用して、生糸の持つ自然の色を活かした生成り糸と黒染めした糸を交互に編み換えてボーダーにしています。
生産工程 製品洗い
洗濯・
お手入れ
について

※液温は40℃を限度とし、手洗いができる。
※平干しがよい。

※洗濯表示の詳細につきましては こちら (Click Me!!)をご覧ください。

出典:消費者庁ウェブサイト(http://www.caa.go.jp/)

TOP