メニュー

Welcome! ゲストさま

    • 19 クロ

    • 44 ダークグリーン

  • nest Robe

    コットンリネンサフィランスリーブレスワンピース

    ¥35,200税込

    960ポイント還元ポイントについて

    お気に入り登録数:94人

    この商品について問い合わせる

    • カラー

    • サイズ

    • 在庫

    • 購入

    • お気に入り

    19 クロ

    • FREE

    • カートに入れる

    44 ダークグリーン

    • FREE

    • ×

    • 再入荷お知らせ

コットンリネンサフィランスリーブレスワンピース

01203-1041

この商品について問い合わせる

  • 商品説明・着こなし

  • サイズ・素材・お手入れ

サイズ 着丈 総丈 肩幅 バスト 裾周 アームホール 衿ぐり
FREE 108.5cm 114.5cm 36cm 117cm 258cm 32cm 49cm
サイズ 着丈 総丈 肩幅 バスト
FREE 108.5cm 114.5cm 36cm 117cm
サイズ 裾周 アームホール 衿ぐり
FREE 258cm 32cm 49cm
商品説明 イギリス、ケント州の名園、ノール・ハウスの庭やシシングハースト・カースル・ガーデンをテーマに。
庭仕事に従事する庭師が着ていた作業着のエプロンドレスをイメージしてデザインしたアイテムです。

今季のテーマ『ORLANDO』に着想を得た、クラシカルなシャーリング調のディテールがウエスト部分に施され、サテン素材とあいまって重厚感のある雰囲気に仕立てました。
前後で着れる2way仕様。

『ORLANDO』の舞台であるイギリスの深い森をイメージしたダークグリーンと、物語を印象付ける黒色をイメージしたブラックの2色展開。

※color,size 多少異なります。
※着用サイズ:size F
※モデルの身長:160cm

※採寸箇所の詳細につきましては 「サイズガイド」をご覧ください。
生産国 日本
素材 麻54%、綿46%
別布・綿100%
生地について 綿織物の産地の浜松の工場にてタテ糸にコットン、ヨコ糸にサフィラン社のリネンを使い朱子織りにしたコットンリネンサテン。

細番手のタテ糸を使用した高密度織物には製織の際にヨコ糸の節が絡みやすく、タテ糸が切れやすいので、ノルマンディー産の節間隔の長い繊維を使ったサフィラン社の技術で紡績したリネン糸でなければ製織することができないそうです。

*** サフィラン社について ***
糸を紡いでいただいたサフィラン社はかなりの老舗。
フランス革命の前夜、ブルボン王朝末期の1778年、ベルギーとの国境にほど近いフランドル地方で創業されました。
草創期にはルイ16世の庇護を受け、またナポレオンから軍需用のリネン織物の注文を受けて生産したとも伝えられています。

創業以来本社を置く、北フランスのフランドル地方はフラックスの一大産地として世界的に知られています。
その恵まれた環境のなかで230年間、ひたすらにリネンを紡ぎ続けてきました。

掲げる “ Spinning in the fields ”=「フラックス畑での糸作り」という言葉は、まさに彼らの自信とプライドを物語っています。
フランドル地方をはじめ、各地から集められるフラックスは、熟練の職人が目で見て、手で触り、歯で噛んで、様々な視点から品質を判定します。
吟味に吟味を重ねて、厳しく選別された上質なフラックスだけを、伝統の紡績技術で丁寧に紡いでいます。

また、各農家から納品されたフラックスは、それぞれ名前を刻まれ保管、管理されます。
納品したとしても、厳しいチェックを通らなければ、返品されることも少なくないということです。
しかし、品質の低下はそのままにせず、フラックス育成の指導も行い、全体のレベル向上を目指し、また天候に恵まれないときは、助け合う協力体制も整っています。

サフィラン社に納品できるということは、フラックス農家にとって、誇りであり、技術維持・向上のためにもなっているようです。
着こなし
ポイント
お手持ちのウエアとはもちろん、同素材の2wayワンピースとレイヤードしていただくのもおススメのスタイリングです。
前後で着れる2way仕様。

2wayワンピース (Click Me!!)
のご用意もございます。
生産工程 製品染め
洗濯・お手入れ
について

※液温は40℃を限度とし、手洗いができる。
※日陰のつり干しがよい。

※洗濯表示の詳細につきましては こちら (Click Me!!)をご覧ください。

出典:消費者庁ウェブサイト(http://www.caa.go.jp/)

商品説明 イギリス、ケント州の名園、ノール・ハウスの庭やシシングハースト・カースル・ガーデンをテーマに。
庭仕事に従事する庭師が着ていた作業着のエプロンドレスをイメージしてデザインしたアイテムです。

今季のテーマ『ORLANDO』に着想を得た、クラシカルなシャーリング調のディテールがウエスト部分に施され、サテン素材とあいまって重厚感のある雰囲気に仕立てました。
前後で着れる2way仕様。

『ORLANDO』の舞台であるイギリスの深い森をイメージしたダークグリーンと、物語を印象付ける黒色をイメージしたブラックの2色展開。

※color,size 多少異なります。
※着用サイズ:size F
※モデルの身長:160cm

※採寸箇所の詳細につきましては 「サイズガイド」をご覧ください。
着こなし
ポイント
お手持ちのウエアとはもちろん、同素材の2wayワンピースとレイヤードしていただくのもおススメのスタイリングです。
前後で着れる2way仕様。

2wayワンピース (Click Me!!)
のご用意もございます。
生産国 日本
素材 麻54%、綿46%
別布・綿100%
生地に
ついて
綿織物の産地の浜松の工場にてタテ糸にコットン、ヨコ糸にサフィラン社のリネンを使い朱子織りにしたコットンリネンサテン。

細番手のタテ糸を使用した高密度織物には製織の際にヨコ糸の節が絡みやすく、タテ糸が切れやすいので、ノルマンディー産の節間隔の長い繊維を使ったサフィラン社の技術で紡績したリネン糸でなければ製織することができないそうです。

*** サフィラン社について ***
糸を紡いでいただいたサフィラン社はかなりの老舗。
フランス革命の前夜、ブルボン王朝末期の1778年、ベルギーとの国境にほど近いフランドル地方で創業されました。
草創期にはルイ16世の庇護を受け、またナポレオンから軍需用のリネン織物の注文を受けて生産したとも伝えられています。

創業以来本社を置く、北フランスのフランドル地方はフラックスの一大産地として世界的に知られています。
その恵まれた環境のなかで230年間、ひたすらにリネンを紡ぎ続けてきました。

掲げる “ Spinning in the fields ”=「フラックス畑での糸作り」という言葉は、まさに彼らの自信とプライドを物語っています。
フランドル地方をはじめ、各地から集められるフラックスは、熟練の職人が目で見て、手で触り、歯で噛んで、様々な視点から品質を判定します。
吟味に吟味を重ねて、厳しく選別された上質なフラックスだけを、伝統の紡績技術で丁寧に紡いでいます。

また、各農家から納品されたフラックスは、それぞれ名前を刻まれ保管、管理されます。
納品したとしても、厳しいチェックを通らなければ、返品されることも少なくないということです。
しかし、品質の低下はそのままにせず、フラックス育成の指導も行い、全体のレベル向上を目指し、また天候に恵まれないときは、助け合う協力体制も整っています。

サフィラン社に納品できるということは、フラックス農家にとって、誇りであり、技術維持・向上のためにもなっているようです。
生産工程 製品染め
洗濯・
お手入れ
について

※液温は40℃を限度とし、手洗いができる。
※日陰のつり干しがよい。

※洗濯表示の詳細につきましては こちら (Click Me!!)をご覧ください。

出典:消費者庁ウェブサイト(http://www.caa.go.jp/)

このアイテムを使ったコーディネート

TOP