メニュー

Welcome! ゲストさま

    • 19 クロ

    • 02 オフシロ

  • nest Robe

    フレンチボビネットチュールストール

    ¥16,500税込

    450ポイント還元ポイントについて

    お気に入り登録数:42人

    この商品について問い合わせる

    • カラー

    • サイズ

    • 在庫

    • 購入

    • お気に入り

    19 クロ

    • FREE

    • カートに入れる

    02 オフシロ

    • FREE

    • カートに入れる

フレンチボビネットチュールストール

01201-1068

この商品について問い合わせる

  • 商品説明・着こなし

  • サイズ・素材・お手入れ

サイズ タテ ヨコ
FREE 29cm 127cm
サイズ タテ ヨコ
FREE 29cm 127cm
商品説明 フランスのSophie Hallette(ソフィー・アレット)社製のリーバー編み機によるボビネットコットンチュールを使用、2種類のフランス製リバーレースで周囲をトリミングしたストールです。

日本では作ることができないコットンチュールをお楽しみいただける逸品です。

※color,size 多少異なります。
※着用サイズ:size F
※モデルの身長:160cm

※採寸箇所の詳細につきましては 「サイズガイド」をご覧ください。
生産国 日本
素材 綿100%
別布・綿90%、ナイロン10%
生地について フランスのSophie Hallette(ソフィー・アレット)社製のリーバー編み機によるボビネットコットンチュールを使用。

ソフィー・アレット社は1887年にベルギーとの国境に位置するオー=ド=フランス地域圏のノール県に所在する小さな街コードリーに創業しました。
コードリーは小さな街ながらカレーと並びレース産業の街として知られています。

ソフィー・アレット社は現在でもオートクチュールメゾンやコレクションブランドにチュールやレースを供給する老舗レースメーカーで、そのレースはウィリアム王子との婚礼時に着用されたキャサリン妃のドレスにも使用されたことで知られています。

今回使用したコットンチュールは昔はハンドメイドのボビンレースで製作されたチュールを機械で再現したもの。
2本の糸が互いに絡み合いながら六角形の編み目を作るボビネットをベースに、同じくフランス・ノルマンディー製のリバーレースを2種類使用しています。

日本では作ることができないコットンチュールをぜひお楽しみください。
(日本のコットン製のチュール風のものは、メッシュであってニット編みの一種となります。)
着こなし
ポイント
nest Robe ではLOOK BOOK や店頭のディスプレイ、スタイリングでアンティークやヴィンテージのレースストールを使うことが多く、キーアイテムとなっています。

お客様のお問い合わせも多くいただいていたので、お応えする意味を込めて、繊細なボビネットコットンチュールを使用したアンティークのような印象のストールを今季は展開しました。
生産工程 製品洗い
洗濯・お手入れ
について

※液温は40℃を限度とし、手洗いができる。
※日陰のつり干しがよい。

※洗濯表示の詳細につきましては こちら (Click Me!!)をご覧ください。

出典:消費者庁ウェブサイト(http://www.caa.go.jp/)

商品説明 フランスのSophie Hallette(ソフィー・アレット)社製のリーバー編み機によるボビネットコットンチュールを使用、2種類のフランス製リバーレースで周囲をトリミングしたストールです。

日本では作ることができないコットンチュールをお楽しみいただける逸品です。

※color,size 多少異なります。
※着用サイズ:size F
※モデルの身長:160cm

※採寸箇所の詳細につきましては 「サイズガイド」をご覧ください。
着こなし
ポイント
nest Robe ではLOOK BOOK や店頭のディスプレイ、スタイリングでアンティークやヴィンテージのレースストールを使うことが多く、キーアイテムとなっています。

お客様のお問い合わせも多くいただいていたので、お応えする意味を込めて、繊細なボビネットコットンチュールを使用したアンティークのような印象のストールを今季は展開しました。
生産国 日本
素材 綿100%
別布・綿90%、ナイロン10%
生地に
ついて
フランスのSophie Hallette(ソフィー・アレット)社製のリーバー編み機によるボビネットコットンチュールを使用。

ソフィー・アレット社は1887年にベルギーとの国境に位置するオー=ド=フランス地域圏のノール県に所在する小さな街コードリーに創業しました。
コードリーは小さな街ながらカレーと並びレース産業の街として知られています。

ソフィー・アレット社は現在でもオートクチュールメゾンやコレクションブランドにチュールやレースを供給する老舗レースメーカーで、そのレースはウィリアム王子との婚礼時に着用されたキャサリン妃のドレスにも使用されたことで知られています。

今回使用したコットンチュールは昔はハンドメイドのボビンレースで製作されたチュールを機械で再現したもの。
2本の糸が互いに絡み合いながら六角形の編み目を作るボビネットをベースに、同じくフランス・ノルマンディー製のリバーレースを2種類使用しています。

日本では作ることができないコットンチュールをぜひお楽しみください。
(日本のコットン製のチュール風のものは、メッシュであってニット編みの一種となります。)
生産工程 製品洗い
洗濯・
お手入れ
について

※液温は40℃を限度とし、手洗いができる。
※日陰のつり干しがよい。

※洗濯表示の詳細につきましては こちら (Click Me!!)をご覧ください。

出典:消費者庁ウェブサイト(http://www.caa.go.jp/)

TOP