メニュー

Welcome! ゲストさま

    • 29 ダークブラウン

    • 27 モカ

  • nest Robe

    水撚りリネンタックネックブラウス

    ¥21,600税込

    600ポイント還元ポイントについて

    お気に入り登録数:87人

    この商品について問い合わせる

    • カラー

    • サイズ

    • 在庫

    • 購入

    • お気に入り

    29 ダークブラウン

    • FREE

    • カートに入れる

    27 モカ

    • FREE

    • カートに入れる

水撚りリネンタックネックブラウス

01182-1053

この商品について問い合わせる

  • 商品説明・着こなし

  • サイズ・素材・お手入れ

サイズ 着丈 総丈 バスト 裾周 裄丈 袖口 衿ぐり
FREE 55.5cm 57.5cm 167cm 188cm 48.5cm 62.5cm 63.5cm
サイズ 着丈 総丈 バスト 裾周
FREE 55.5cm 57.5cm 167cm 188cm
サイズ 裄丈 袖口 衿ぐり
FREE 48.5cm 62.5cm 63.5cm
商品説明 首元のタックデザインがポイントのブラウス。
1つ1つのタックは手仕事でおこなった、非常に手間暇のかかった贅沢なディテールです。

首元には三角マチをとり、インナーが見えにくい仕様で、安心して着ていただけます。

滋賀県の近江でおつくりした水撚りリネンを使い仕立てています。

※color,size 多少異なります。
※着用サイズ:size F
※モデルの身長:161cm

※採寸箇所の詳細につきましては 「サイズガイド」をご覧ください。
生産国 日本
素材 麻100%
生地について 琵琶湖のほとりにて江戸時代より麻の織り物を稼業として培われた伝統技術を使用。
水撚りのリネンをタテ糸に使って織り上げています。
ドライタッチでシャリ感のある水撚りのリネンならではの素材感をお楽しみいただけます。

実は、
水撚りリネンフレンチワンピース (Click Me!!)や、
水撚りリネンTブラウス (Click Me!!)と同じ生機(織りたてに加工をほどこしていない生地)。
そこに表面をフラットにする加工をしたものを使用。
デザインに合った素材です。

同じ原料、糸であっても、その後の工程によって、異なるものに変化します。
今シーズンのテーマ「WINERY」のメッセージとして伝えたい一つで、ワイン造りと重なる部分です。

*** 水撚りについて ***
昔ながらの工程で、今も変わらぬ製法。
リネンの糸を紡ぐときに、水にくぐらせながら糸を紡ぐ製法をいいます。
現在、日本にはこの伝統を守り、生産できる場所は3社しかないといわれています。
それはすなわち世界に3社ということです。

リネンは水に触れることで、強度が増し、撚りを多くかけることが可能に。
水に浸し、回数を多く撚った糸は、非常に強く、堅く、ハリのある糸になります。
また、繊維の毛羽が巻き込まれ、表面のなめらかな糸になります。
毛羽がないということは、紙のようにサラサラとし、肌に冷感触感をあたえます。

*** 生地ファクトリーについて ***
安政3年(1856年)より、麻の織り物を稼業としてはじめた、滋賀県・近江のファクトリーです。

時代の流れとともに、伝統技術やこだわりの素材を使うアパレルが少なくなりつつあり、クオリティーの高く、こだわりのもの作りをしているブランドを探されていました。
nest Robe としては、リネンの新しい可能性を探し、また日本の伝統技術、こだわりの質の高い素材を常に模索しています。

お互いのイメージが合った相思相愛の仲。
このような機会はなかなか少なく、嬉しい出会いとなりました。

水撚りリネンを使ったアイテム一覧 (Click Me!!)はこちら。
着こなし
ポイント
首元はギャザーでなくタックをほどこしているので、ボリュームを抑えられ、大人のガーリーなブラウスとしておススメです。

首元のリボンで、その日の気分によって変化をつけられます。
結ぶのはもちろん、リボンを外し、スッキリ見せると甘いVラインで、美しいデコルテが完成します。

LOOK BOOK (Click Me!!)LOOK BOOK では前後逆で着る、アレンジもご提案しています。
生産工程 製品染め
洗濯・お手入れ
について

※液温は40℃を限度とし、手洗いができる。
※日陰のつり干しがよい。

商品説明 首元のタックデザインがポイントのブラウス。
1つ1つのタックは手仕事でおこなった、非常に手間暇のかかった贅沢なディテールです。

首元には三角マチをとり、インナーが見えにくい仕様で、安心して着ていただけます。

滋賀県の近江でおつくりした水撚りリネンを使い仕立てています。

※color,size 多少異なります。
※着用サイズ:size F
※モデルの身長:161cm

※採寸箇所の詳細につきましては 「サイズガイド」をご覧ください。
着こなし
ポイント
首元はギャザーでなくタックをほどこしているので、ボリュームを抑えられ、大人のガーリーなブラウスとしておススメです。

首元のリボンで、その日の気分によって変化をつけられます。
結ぶのはもちろん、リボンを外し、スッキリ見せると甘いVラインで、美しいデコルテが完成します。

LOOK BOOK (Click Me!!)LOOK BOOK では前後逆で着る、アレンジもご提案しています。
生産国 日本
素材 麻100%
生地に
ついて
琵琶湖のほとりにて江戸時代より麻の織り物を稼業として培われた伝統技術を使用。
水撚りのリネンをタテ糸に使って織り上げています。
ドライタッチでシャリ感のある水撚りのリネンならではの素材感をお楽しみいただけます。

実は、
水撚りリネンフレンチワンピース (Click Me!!)や、
水撚りリネンTブラウス (Click Me!!)と同じ生機(織りたてに加工をほどこしていない生地)。
そこに表面をフラットにする加工をしたものを使用。
デザインに合った素材です。

同じ原料、糸であっても、その後の工程によって、異なるものに変化します。
今シーズンのテーマ「WINERY」のメッセージとして伝えたい一つで、ワイン造りと重なる部分です。

*** 水撚りについて ***
昔ながらの工程で、今も変わらぬ製法。
リネンの糸を紡ぐときに、水にくぐらせながら糸を紡ぐ製法をいいます。
現在、日本にはこの伝統を守り、生産できる場所は3社しかないといわれています。
それはすなわち世界に3社ということです。

リネンは水に触れることで、強度が増し、撚りを多くかけることが可能に。
水に浸し、回数を多く撚った糸は、非常に強く、堅く、ハリのある糸になります。
また、繊維の毛羽が巻き込まれ、表面のなめらかな糸になります。
毛羽がないということは、紙のようにサラサラとし、肌に冷感触感をあたえます。

*** 生地ファクトリーについて ***
安政3年(1856年)より、麻の織り物を稼業としてはじめた、滋賀県・近江のファクトリーです。

時代の流れとともに、伝統技術やこだわりの素材を使うアパレルが少なくなりつつあり、クオリティーの高く、こだわりのもの作りをしているブランドを探されていました。
nest Robe としては、リネンの新しい可能性を探し、また日本の伝統技術、こだわりの質の高い素材を常に模索しています。

お互いのイメージが合った相思相愛の仲。
このような機会はなかなか少なく、嬉しい出会いとなりました。

水撚りリネンを使ったアイテム一覧 (Click Me!!)はこちら。
生産工程 製品染め
洗濯・
お手入れ
について

※液温は40℃を限度とし、手洗いができる。
※日陰のつり干しがよい。

このアイテムを使ったコーディネート

TOP