メニュー

Welcome! ゲストさま

    • 63 レッド

    • 17 チャコールグレー

  • nest Robe

    リネンギンガムチェックギャザースカート

    ¥25,920税込

    720ポイント還元ポイントについて

    お気に入り登録数:69人

    この商品について問い合わせる

    • カラー

    • サイズ

    • 在庫

    • 購入

    • お気に入り

    63 レッド

    • FREE

    • ×

    • 再入荷お知らせ

    17 チャコールグレー

    • FREE

    • ×

    • 再入荷お知らせ

リネンギンガムチェックギャザースカート

01172-1044

この商品について問い合わせる

  • 商品説明・着こなし

  • サイズ・素材・お手入れ

サイズ 裾周 ウエスト 脇丈
FREE 247cm 71.5cm ~ 126cm 78.5cm
サイズ 裾周 ウエスト 脇丈
FREE 247cm 71.5cm ~ 126cm 78.5cm
商品説明 SOLD OUT:ご好評につき全店で完売となりました。

“ &プレミアム ” 掲載アイテム

爽やかなリネンのギンガムチェック。
nest Robe 別注素材使用。

※color,size 多少異なります。
※着用サイズ:size F
※モデルの身長:160cm

※採寸箇所の詳細につきましては 「サイズガイド」をご覧ください。
生産国 日本
素材 麻100%
裏地・綿100%
生地について nest Robe 別注。リネンのガーゼ素材。
エアリーで清涼感のあるシャリ感。独特のやわらかさ。
nest Robe のこだわり感じるギンガムチェック。

ギンガムのピッチにある仕掛け。
それはタテ・ヨコの糸本数を変えたこと。

タテ長に見える比率を採用することで、服になったときのバランスに視覚的効果を与えました。
特にスカートには効果的。ギンガムでも子供っぽくならないようにひそませた隠れた技。

メゾンのオートクチュールには使われる手法で、女性をいかに美しく見せるかということ、いかに美しい仕立てをするかということに注力しています。

そして色表現。

特にレッドはシーズンテーマ「The Great Journey」にちなんだカラー。
マサイ族が身に着けた太陽や生命を連想させる鮮やかな赤色。

「The Great Journey」、人類の始まりはアフリカから。
マサイ族にとって赤は伝統的な色であり、衣装や化粧に使われます。

マサイレッドには諸説あり。
動物は赤が見えづらい。ライオンの方が赤をこわくて近づかない。(マサイ族の男はライオンを仕留めて一人前という風習が)とか、
遠くからでも仲間を見つけやすい。とか、
民族の誇り、血、生命の象徴の色。という具合。

ちなみに...
最近では伝統的な赤などを身に纏う「ビレッジマサイ」、それ以外の服を着て街中を歩く「シティマサイ」と区別して呼ばれているそうです。
着こなし
ポイント
たっぷりギャザーのスカート。
ウエストゴム、ヒモのイージーな着用感なのも嬉しいところです。

※両脇にポケット付き。

*** プレス・小森より ***
身体の動きやすさを重視して撚りの強弱にこだわって糸から選び、若干生地に伸縮性がうまれる様におつくりした生地は、ネストローブオリジナルのもの。

「ショートローブは肩のあたりが楽に着られる様に」
そして、
「スカートはギャザーがガーリーになり過ぎない様に」

ふわりとしたシルエットがスマートに見える様、正方形の予定だったチェックの柄を縦に1ミリ長い長方形に変更。
たった1ミリでもネストローブを着ていただく方のことを考え、こだわること。

お色も、個性的になり過ぎないネストローブらしい、柔らかでどこか凛とした佇まいの2色。
今シーズン、何かと気になる赤。

みなさんも、いつものマイスタンダードに取り入れてみてはいかがでしょうか。
生産工程 製品洗い
洗濯・お手入れ
について

※液温は40℃を限度とし、手洗いができる。
※日陰のつり干しがよい。

商品説明 SOLD OUT:ご好評につき全店で完売となりました。

“ &プレミアム ” 掲載アイテム

爽やかなリネンのギンガムチェック。
nest Robe 別注素材使用。

※color,size 多少異なります。
※着用サイズ:size F
※モデルの身長:160cm

※採寸箇所の詳細につきましては 「サイズガイド」をご覧ください。
着こなし
ポイント
たっぷりギャザーのスカート。
ウエストゴム、ヒモのイージーな着用感なのも嬉しいところです。

※両脇にポケット付き。

*** プレス・小森より ***
身体の動きやすさを重視して撚りの強弱にこだわって糸から選び、若干生地に伸縮性がうまれる様におつくりした生地は、ネストローブオリジナルのもの。

「ショートローブは肩のあたりが楽に着られる様に」
そして、
「スカートはギャザーがガーリーになり過ぎない様に」

ふわりとしたシルエットがスマートに見える様、正方形の予定だったチェックの柄を縦に1ミリ長い長方形に変更。
たった1ミリでもネストローブを着ていただく方のことを考え、こだわること。

お色も、個性的になり過ぎないネストローブらしい、柔らかでどこか凛とした佇まいの2色。
今シーズン、何かと気になる赤。

みなさんも、いつものマイスタンダードに取り入れてみてはいかがでしょうか。
生産国 日本
素材 麻100%
裏地・綿100%
生地に
ついて
nest Robe 別注。リネンのガーゼ素材。
エアリーで清涼感のあるシャリ感。独特のやわらかさ。
nest Robe のこだわり感じるギンガムチェック。

ギンガムのピッチにある仕掛け。
それはタテ・ヨコの糸本数を変えたこと。

タテ長に見える比率を採用することで、服になったときのバランスに視覚的効果を与えました。
特にスカートには効果的。ギンガムでも子供っぽくならないようにひそませた隠れた技。

メゾンのオートクチュールには使われる手法で、女性をいかに美しく見せるかということ、いかに美しい仕立てをするかということに注力しています。

そして色表現。

特にレッドはシーズンテーマ「The Great Journey」にちなんだカラー。
マサイ族が身に着けた太陽や生命を連想させる鮮やかな赤色。

「The Great Journey」、人類の始まりはアフリカから。
マサイ族にとって赤は伝統的な色であり、衣装や化粧に使われます。

マサイレッドには諸説あり。
動物は赤が見えづらい。ライオンの方が赤をこわくて近づかない。(マサイ族の男はライオンを仕留めて一人前という風習が)とか、
遠くからでも仲間を見つけやすい。とか、
民族の誇り、血、生命の象徴の色。という具合。

ちなみに...
最近では伝統的な赤などを身に纏う「ビレッジマサイ」、それ以外の服を着て街中を歩く「シティマサイ」と区別して呼ばれているそうです。
生産工程 製品洗い
洗濯・
お手入れ
について

※液温は40℃を限度とし、手洗いができる。
※日陰のつり干しがよい。

このアイテムを使ったコーディネート

TOP