メニュー

Welcome! ゲストさま

    • 12 トップグレー

    • 08 オートミール

  • nest Robe

    吊り裏毛スウェットフードパーカー

    ¥17,280 ¥10,368 税込(40%OFF)

    0ポイント還元ポイントについて

    お気に入り登録数:62人

    この商品について問い合わせる

    • カラー

    • サイズ

    • 在庫

    • 購入

    • お気に入り

    12 トップグレー

    • FREE

    • カートに入れる

    08 オートミール

    • FREE

    • カートに入れる

吊り裏毛スウェットフードパーカー

01165-1073_01153-2148

この商品について問い合わせる

  • 商品説明・着こなし

  • サイズ・素材・お手入れ

サイズ 着丈 袖丈 バスト 袖口 裾周 総丈
FREE 56cm 64.5cm 94cm 19cm 83cm 58cm
サイズ 着丈 袖丈 バスト
FREE 56cm 64.5cm 94cm
サイズ 袖口 裾周 総丈
FREE 19cm 83cm 58cm
商品説明 nest Robe 別注素材。
こじんまりとしたフードにラグランスリーブ、逆開ファスナーを使用したスウェットパーカーです。
レギュラーなデザインですのであわせやすく、定番アイテムとして永く使い続けていただけます。

※color,size多少異なります。
※着用サイズ:size F
※モデルの身長:160cm

※採寸箇所の詳細につきましては 「サイズガイド」をご覧ください。
生産国 日本
素材 綿100%
生地について シンプルな裏毛スウェットだからこそ、nest Robe 別注の特別レシピで、吊り編み機で丁寧に編み立てました。
表を14番手の糸、中糸を表より少し細い糸、そしてパイルに表より少し太い糸を絶妙なバランスになるように使用。
また、肌に触れるパイル面に起毛をかけることで毛束をつくり、まるでフリースのような崇高な表情を生んでいます。

***吊り編みについて***
古き良き時代の編み機で編まれた生地のこと。
吊り編み機は、明治のおわりから大正のはじめにかけてヨーロッパから日本に伝えられた丸編み機の原点で、本来は高級肌着の生地を編むためのものでした。
生産効率が低い分、生地を編むときに糸に余計な力をかけないうえ、編み上がった生地も強制的に巻き取りません。
そのため吊り編み機で編まれた生地は、洗いこむほどに実感できるやわらかさや、まるで手編みのようなぬくもり、独特の豊かな風合いに溢れており、その特性を長期間保ちます。
1960年中頃までのヴィンテージと呼ばれる スウェットシャツのほとんどにも、吊ニットが使用されていて、何十年も経った現在でも多くのファンを魅了し続けています。
そんなたくさんの魅力のある素材を生む吊り編み機も、その生産性の低さと高いコストのために、日本でもごくわずかな工場にしか残っていません。
また、生地を編むのに職人の熟練した技や経験が必要なため、吊機を稼働させる工場は世界的にみてもごくわずかになりました。

大量生産、大量消費という時代の波が押し寄せている中で、その逆をいく私たちの裏毛スウェットを、ぜひ手に取って使ってみてください。
着こなし
ポイント
様々なシチュエーションで、様々なスタイリング可能なアイテムなので、使い続けてはじめて違いが分かっていただけるような素材でおつくりしました。 生産工程 製品洗い
洗濯・お手入れ
について

商品説明 nest Robe 別注素材。
こじんまりとしたフードにラグランスリーブ、逆開ファスナーを使用したスウェットパーカーです。
レギュラーなデザインですのであわせやすく、定番アイテムとして永く使い続けていただけます。

※color,size多少異なります。
※着用サイズ:size F
※モデルの身長:160cm

※採寸箇所の詳細につきましては 「サイズガイド」をご覧ください。
着こなし
ポイント
様々なシチュエーションで、様々なスタイリング可能なアイテムなので、使い続けてはじめて違いが分かっていただけるような素材でおつくりしました。
生産国 日本
素材 綿100%
生地に
ついて
シンプルな裏毛スウェットだからこそ、nest Robe 別注の特別レシピで、吊り編み機で丁寧に編み立てました。
表を14番手の糸、中糸を表より少し細い糸、そしてパイルに表より少し太い糸を絶妙なバランスになるように使用。
また、肌に触れるパイル面に起毛をかけることで毛束をつくり、まるでフリースのような崇高な表情を生んでいます。

***吊り編みについて***
古き良き時代の編み機で編まれた生地のこと。
吊り編み機は、明治のおわりから大正のはじめにかけてヨーロッパから日本に伝えられた丸編み機の原点で、本来は高級肌着の生地を編むためのものでした。
生産効率が低い分、生地を編むときに糸に余計な力をかけないうえ、編み上がった生地も強制的に巻き取りません。
そのため吊り編み機で編まれた生地は、洗いこむほどに実感できるやわらかさや、まるで手編みのようなぬくもり、独特の豊かな風合いに溢れており、その特性を長期間保ちます。
1960年中頃までのヴィンテージと呼ばれる スウェットシャツのほとんどにも、吊ニットが使用されていて、何十年も経った現在でも多くのファンを魅了し続けています。
そんなたくさんの魅力のある素材を生む吊り編み機も、その生産性の低さと高いコストのために、日本でもごくわずかな工場にしか残っていません。
また、生地を編むのに職人の熟練した技や経験が必要なため、吊機を稼働させる工場は世界的にみてもごくわずかになりました。

大量生産、大量消費という時代の波が押し寄せている中で、その逆をいく私たちの裏毛スウェットを、ぜひ手に取って使ってみてください。
生産工程 製品洗い
洗濯・
お手入れ
について

このアイテムを使ったコーディネート

TOP